オンライン英会話の豆知識

英語学習に便利なオンライン英会話

オンライン英会話をご存知ですか?これは自宅でパソコンを使って学習できる方法です。英語の会話に自信がない人でも気軽に利用できるので人気が高まってきています。喋るのに失敗しても誰も見ていないので気楽ですよね。インターネットで自宅から利用できるので楽です。時間を気にすることもありませんし、何より料金が安いというのが大きなポイントです。お金を気にして英会話学校へ行けないという人でも利用できます。

英語は現代を生きることにおいて重要になっています。社内の公用語を英語にしているような企業もあるくらいです。つまり、英語は必須科目なのです。それは受験勉強をした人なら誰でも知っていることかもしれません。しかし、受験ではペーパーテストが主流になっていて話すことには力を注いでいません。ですから英語の勉強ができても話すことが出来ないような人が増えてしまうのでしょう。

オンライン英会話を上手く利用すれば英語の実力を伸ばしていくことが出来ます。英語はすぐにできるようになるような科目ではありません。毎日の積み重ねが大切です。時間をかけてでもコツコツと取り組むことがとても大切ですね。その結果として、柔軟な英語力を身につけることが可能になります。努力をすればするほどいろいろな知識が見について多彩な表現ができるようになるので、英語はとても楽しいと言えます。

楽しく勉強ができれば実力も自然と身に付いていきます。オンライン英会話はその良い機会なのです。

子供も受けれるオンライン英会話

少し前なら英会話は講師の方と対面して行うのが当たり前でしたが、今ではオンライン英会話が流行っていますね。毎日が忙しく、時間にゆとりがない我々日本人としてはありがたい限りです。

また最近ではそんなオンライン英会話をお子さんのお勉強に使う親御さんが増えているそうですね。確かに現代の子どもさんは昔と比べて習い事も多く、恐ろしいほどに時間に追われていますので、移動時間がなく、また落ち着いたお家で、空いた時間に生きた英語を学べるというのは、かなり有益なことだろうと思います。

オンライン英会話は価格が低く設定されているものもあると聞きますので、たくさん習い事を支援している親御さんとしてもありがたいですね。それになにより、オンライン英会話は講師の方や海外の方と話していても実際は会っていませんから、小さいお子さんを持つ親御さんとしては、目の届くところにお子さんがいるのはなんとなく安心なのではないでしょうか?

残念なことに安全と言われていた日本でも、小さな子どもさんを狙った事件は多いですし、通学途中や習い事への移動をお子さん一人で行かせるというのは、やはり避けたいのが親御さんの本音なんだと思います。でも現実問題として常に親御さんがみていることも難しいので、それならせめて安全なお家で、できる勉強はして欲しいと考えるのが親心だと思います。

そういった安全の面からもオンライン英会話はニーズが広がっているのかもしれませんね。

オンライン英会話で自信を持って話せるようになる

日本人は一生懸命、英語を勉強しているということは言うまでもない事実です。確かに知識は持っていますし、英文を作ろうとすればそれは可能です。しかし話せないのです。それはなぜなのかと言いますと、英語で会話をする機会がとても少ないからです。実際に英語で話す場面になっときに焦って口から言葉が出てこなくなってしまうのです。外国人に道を聞かれた時に上手く喋れなかった経験があるという人は多いものです。

オンライン英会話を利用することで英語で喋れるようになれば友達の和が広がっていくかもしれません。また、海外旅行へ行く時にも安心です。もちろん、外国人に尋ねられても落ち着いて応対できます。このようなメリットが有ります。

オンライン英会話を利用するときにはパソコンのソフトウェアを使います。無料で通話をすることが出来るスカイプなどのソフトウェアを使うことになります。英会話はマンツーマンですから、間違えたとしても誰かに聞かれることはありません。つまり、色々な英会話を試すことが出来ます。そして、時間を選ばずに利用できることもオンライン英会話の特徴なのです。自宅から好きな時間を指定して利用できます。お気に入りの講師が見つかったら予約をして利用することも可能です。

このようにオンライン英会話は気楽に利用できます。講師と沢山会話をすることができるのでどんどん英語が身に付いていきます。英語は知識を頭のなかに入れるだけでなく外へ出していくことも大切です。

お役立ちサイト:オンライン英会話比較ナビ|スカイプ英会話・オンライン英会話172社を徹底比較

TOEICの豆知識

TOEICは特徴があり対策が必要

英語の資格試験はたくさんありますがTOEICはいまや一番メジャーな英語の試験といっても過言ではありません。それは就職試験や昇進など、また、大学の推薦入試などにも多く使われるようになったことも理由のひとつといえます。
これだけメジャーな試験なので英語力を測るスタンダードな試験といえるのですが、実は特徴があり対策が必要というのもよく知られています。英語には読む力のリーディング、聞く力のリスニング、文章を作るライティング、話す力のスピーキングの能力などがありますが、通常のTOEICではリーディングとリスニングの能力を測定する試験となっています。話す力や文章を書く試験というのはないのでどちらかというと受身で英語をどれだけ理解できるかということになります。
そういった特徴を理解して試験対策をするとより効果的に取り組めると思います。確かに文章を自分で組み立てるということは試験では問われない一方で、よりナチュラルに英語を理解できるかということで、問題文も英語で書かれていますし、リスニングも1回ずつしか音声は流れません。問題用紙に印を書き込んだりすることも禁止されていることから、ネイティブの発音を一回でスムーズに聞き取れることを求められます。
リーディングに関しても時間をかけて込み入った内容を解答するというよりも流し読みで要点を抑えた読解能力を求められ、効率よく設問に解答する時間配分となっています。こういった特徴があるために初級の英語力では難しい試験だと感じる一方でネイティブレベルの人にとってはそれほど難しくない試験と考えられている理由でもあります。

TOEICの長文問題で点数を取るためのコツ

TOEICに限らず英語の試験には必ず、長文問題があります。この長文問題を攻略しないかぎりTOEICで大きな点数を取ることはできません。では長文問題を解けるためには何が必要なのか、ここで二つのポイントを説明していこうと思います。
まず一つ目は速読です。文章問題というのは、内容を理解することも大切ですが、いかに早く問題文の内容を理解して瞬時に答えることが必要です。というのも当たり前ですが、TOEICの試験には制限時間があります。いくら問題を溶けたとしても制限時間内に解けなければ、本当に解けたとはいえません。ですので、問題を解くということは限られた時間で問題の内容を瞬時に理解して、パパっと回答できたかが重要なのです。もちろん難問や奇問なども混じっているので、そういった問題も同時に見極めて、限られた時間で高得点を取れるかも求められます。速読で必要なのはそういった能力です。
そして二つ目に大切なポイントは、英文法をしっかりとマスターすることです。英文法の参考書を徹底的にやり、文法力を身に付けば、長文問題でも頭が真っ白になることはありません。英文法の基礎的なものを学びたければ、TOEICようの英文法の問題集をやるよりかは、大学受験用の英文法の参考書や問題集をやれば分かりやすいです。TOEICとはまた別のものだと思われるかもしれませんが、英語の試験という意味では共通ですので、英語の基礎を学ぶという意味ではお薦めです。以上が二つのポイントです。このポイントを意識してTOEICで高得点を目指してください。

TOEICで英単語を覚える具体的な方法

TOEICでは英単語を覚えることが必要不可欠ですが、英単語を覚えるとしたら、皆さんは何をしますか?英単語帳を購入しますか?ちょっと待ってください、英単語を覚える上で一番やってはいけないことが英単語帳を購入してそのまま英単語を覚えるといったことです。
なぜかといいますと、英単語というのはそれ単体で覚えると効果が薄いからです。なぜならTOEICの問題に英単語の意味を問われる問題がないからです。TOEICに求められるのは、英語の読解力とリスニング力です。
つまりTOEICで点数を取るためには、この二つのポイントを意識しなければいけません。また英単語を覚えたとしても、その覚えた英単語が必ずしもTOEICの試験で出題される保証もありません。また英単語だけだと文章の流れで単語を覚えることができないため、せっかく暗記してもすぐに記憶から抜け落ちてしまいます。そうならないためにも、英単語を具体的に覚えていくためには、TOEIC用の問題集を購入して、その中ででてくる知らない英単語を見つけたら、その都度覚えるようにしておきましょう。
TOEICのテストは、最低限の英文法の知識が必要ですが、英単語を覚えておけば、ある程度の意味は理解できるようになります。問題を解いていく上で知らない英単語があれば、英和辞典で調べて、意味を理解して、英文の中で覚えていくようにしましょう。リスニングも同様で、英語の音声を聞いいていく中で知らない単語の音声が聞こえてくるかもしれません。それも読解問題と同様、辞書で調べて覚えていくのです。この二つのポイントを意識して英単語を暗記していきましょう。

やさしい洋書を読もう~私のやさしい英語学習方法~

やさしい洋書を読もう~私のやさしい英語学習方法~

皆さんは、洋書の読破にチャレンジした事はありますか?洋書と言えば、和書とは違い、ページ数が物凄く多くて、文字も細かくて、イラストもほとんどなくて、意味を知らない単語にぶつかると、もう諦めたくなるようなイメージはありませんか?私も、学生時代に、当時の自分の語学力に合いそうな本で何冊かチャレンジした事がありましたが、途中で断念するケースがほとんどでした。自分の語学力が足らないせいなので、仕方がないと言えば仕方がないのですが、1つの事を途中で諦めてしまった自分が情けなかったです。

続きを読む

英会話はどこで練習してますか?

英会話はどこで練習してますか?

こんにちは!今日は英会話などの勉強をしている皆さんのために簡単なコツを共有します!(もちろんこれで英会話が出来る!なんて事はないですが…。)

皆さんもお考えかとは思いますが、英会話はとーっても大切ですよね!いざ海外に出るとどうですか…。アイ、アイアムハッピー…。で会話が終わったり(笑)私も実際そうでした。

英会話のコツをつかむまでは外国人が何をいってるのかもうさっぱりわからない。単語レベルでも聞き取れない。ましてや会話なんてできやしない…。でもあるコツをつかむと一気に会話に進む事が出きます。それは…「勇気」です。いやいやちょっと待って下さいそんな事わかってますよと言われそうですが(笑)

続きを読む

きちんと勉強して取得すれば、立派なアピール要素になるはず

きちんと勉強して取得すれば、立派なアピール要素になるはず

皆さんは英検持ってますか?私は高校生のときに英検3級を取得しました。高校の学年が上がっていくにつれて、進路のことが少しずつ気になっていき、履歴書を書く際に出来るだけ資格の欄を埋められるようにと、漢検や英検の取得を先生に進められるようになりました。もともと文系だったし、特に国語は自信があった上に、漢検はありがたいことに自分の通っていた高校で試験が受けられた為、自分から進んで勉強し、最終的に2級まで取得しました。

しかし英検の方はというと・・・学校の試験では決して苦手なわけではありませんでしたが、それは教科書のテスト範囲を勉強してテストに臨んでいるからであって、模試や英検のようにどんな問題がでるか全くわからない状態ではなかったからだと自分でもわかっていました。 続きを読む

オンライン英会話で簡単国内留学

オンライン英会話で簡単国内留学

私はオンライン英会話を始めて約半年になります。 以前は英会話を習うとなると高いお金を出して英会話スクールに通うか または半年とか1年海外に留学をして英語を学ぶということが主流だったと思います。 パソコンや インターネットの発達により身近に オンライン英会話というものが出来るようになって私は大変嬉しく思っております。

オンライン英会話のいいところは 手軽に英会話の勉強できるということであります。スマホ 、パソコンから簡単にアクセスをして英会話を勉強することができます。 私のやっているオンライン 英会話ではスカイプを用いています。スカイプは先生の顔が私に見えますし 私の顔も先生が見ることができますので 発音の時、口の動き方などを見ることができ 大変便利だと思います。そしてお互いの表情などもわかります。 テキストなどは オンライン英会話 に 用意されていますので 特に こちらから用意する必要もありません。 続きを読む

英語の勉強のために手書きのノート

英語の勉強のために手書きのノート

英語の勉強のために自筆で英語日記を始めてから数日たちました。

だいぶ前にも『毎日英語で日記を書くぞ!」と実行したことがあります。これが続かなかったので、今回あらためて始めることにしました。

ここ数日の手書きのノートを見直すと、ほとんど文章になっていない、ただの単語の並びのメモなのですが、とにかく書く、わからなくても書くというのが今回のテーマなので、これはこれでよしとします。前回試したときは、とにかくちゃんとした文章を書こうとしていたので、それで挫折したのだと思います。そこを我慢して続けていたら、今ごろは英語の力がだいぶついていたかもしれませんけど・・、今回はとにかく続けます。
続きを読む

大人になってからのやり直し英語の勉強

大人になってからのやり直し英語の勉強

大人になってからの英語の勉強、やり直し英語というものを何度となく繰り返していて、それで会話ができるようにならないという時間のロスをしてしまっていることに気づき、もっとプラスになることを勉強しようと思い、今は中学英語の文法のテキストを読み返したり、英語の漫画を読んだり(スヌーピーが主)、そういうゆるい感じでやっています。

TOEICを目指してがんばろうと思ったこともありますが、やるべきことが多すぎて挑む前に諦めました。いちおう長文読解のためのテキストは持っていますが、そのテキストの最初のほうでもう倒れそうです(泣)レベル別に何段階かに分けて出版されている本で、最初のレベルの本はどうにかこなしましたが、次のレベルに入ったとたんに難易度がかなりアップしているので、このシリーズをこなすにはどれだけかかるのかと・・、文章の内容もかたくておもしろくないものが多いですし・・。そういうおもしろくない内容のものを理解できてこその語学力だとはわかっていますけど。
続きを読む

英語の勉強のために携帯電話を使う

英語の勉強のために携帯電話を使う

今朝は寝坊をしたので、ラジオ講座を聴き損ねてしまいました。でも他の時間帯に再放送があるので、そのときにこちらが時間を合わせられたらいいのですが・・。

英語の勉強はラジオ講座だけではないです。ツイッターでゴガクルというアカウントをフォローしていて、そのアカウントから発信される英文和訳や和文英訳の問題にまめに挑んでいます。ゴガクルもNHKの語学講座のアカウントです。
続きを読む

英会話の学習でヒアリング力が上がった体験

英会話の学習でヒアリング力が上がった体験

英会話をマスターしたいと、独学で色々な学習法にチャレンジしてきました。文法の方は何とか覚えることができるのですが、問題はヒアリングです。聞き取りが昔から苦手で、何を言っているのか分からないのです。これはひとえに英会話に慣れていないからかも・・と感じ、ヒアリングに特化した学習法に取り組んでみましたが、あまり効果がありませんでした。

もう一度、人気ランキングや口コミを参考に色々な英会話の教材を探してみることにしました。やはり人気の英会話教材は口コミ評価が良く、効果も期待できる内容でした。価格も数千円と言うお手頃価格です。これなら気兼ねなく購入できると感じ、購入してみました。
続きを読む

当たり前だけど忘れがち。「英会話」は会話です

当たり前だけど忘れがち。「英会話」は会話です

英語圏の国に留学していたときに語学学校に通っていて、色んな国からの生徒がいました。そのとき本当に当に感じたのが、色んなタイプの人がいるけど、日本人は会話が苦手な人が多いなーと。でも、受験勉強とかですごい時間を勉強に費やしている人も多いから、たくさんの人が難しい単語を知っている。そんな言葉知っているならば会話なんて簡単じゃん!と、すごい感じました。

例えばヨーロッパ圏の子達は同じリーディング力やリスニング力でも、圧倒的にスピーキング、(会話)が上手でした。多分彼らは、しゃべってるときは文法とかよりも先に自分の思っていること、考えを伝えたい気持ちのほうが強いのでしょうね。
続きを読む

英会話はこどもに必要なのでしょうか

英会話はこどもに必要なのでしょうか

最近周りに英会話をこどもに習わせているというお話をよく聞きます。まだ小学生にもならない小さなこどもに習わせています。

いつも思うのですが、そんなに小さなうちから英会話を習わせる必要はあるのでしょうか。まだ日本語も学んでいる段階なのに、英語もとなれば困惑してしまいそうです。早いうちになんでもできるようにと小さなこどものうちからいろいろと習い事をさせる親御さんも多いですが、適齢にきたらでいいのではと個人的には思っています。

続きを読む