子供英会話が今の主流なのかもしれませんが

子供英会話の教室が、最寄りの駅の近くにできているのに気づき、子供に英語を覚えさせたい親御さんがたくさんいるのだなとあらためて思いました。私が住んでいるところは街ではないので(はっきり言って田舎)、こういうところに教室ができるということは、日本各地で子供に英語を習わせたい親がいるということです。

私の友達や知り合いは、子供を英会話教室に通わせていませんけど、同窓会に行ったときに話をした人達のなかでは何人かいました。やっぱり子供に英語を身につけさせる人のほうが主流なのかもしれません。

“子供英会話が今の主流なのかもしれませんが”の続きを読む

英会話に大切な耳と口の訓練をネットでしよう

英語ができるようになりたいと多くの人が考えると思いますが、このときの英語って会話をさすことが多いですよね。私もそうです。話せるようになりたい。聞き取れるようになりたい。海外旅行をして丸暗記したフレーズを使ってみても返ってくる言葉が聞き取れなくアタフタすること一度だけではありません。

それを考えると自分の英語の勉強方法はずいぶん遠回りしているのかなと思います。あいかわらず文法にこだわった勉強をつづけています。いや、それじゃ実際の会話では追いつけないよ、と自分につっこみをいれること度々です。
“英会話に大切な耳と口の訓練をネットでしよう”の続きを読む

TOEICという試験が要求しているもの

私は大学生のときに何回かTOEICの試験を受けました。

恥ずかしいことなのですが、当時はTOEICの試験勉強をしていても点数を取るためにはどういった能力が必要とされているのかは考えることなくただひたすら模擬問題を解いたりリスニングの勉強をしたりしていたんです。

今現在、私は英語圏ではないのですが、海外在住で旦那とは英語で会話をしています。そこで最近、TOEICの模擬試験問題を見てみたんです。そこで思ったのは、当時の私は800点なんて取るレベルには全くなかったということに気づいたんです。当時の私の最高得点は600点を超えたくらいでしかありませんでした。
“TOEICという試験が要求しているもの”の続きを読む

英米語学科の中のビジネス英会話と実際使う英会話について

私は大学時代、英米語学科に在学していたので、当然ながら英語の授業は多かったです。英語学、英文学、語学研究、英語研究といった『英米語』にとらわれないジャンルの科目がたくさんあって、充実度は高かったです。当然、必修科目で英語の授業が『英語Ⅰ』等と科目名としてあって、仕事で使う英語の授業、『Business English』もありました。

授業の内容としては、メール、手紙、文章、ビジネス書の英文例が多く、ビジネス上で使う英会話というよりも、ビジネス文書で使う英語、という感じがしました。担当教師はネイティブの先生でしたが、英会話を実際にペアでやってみるというのはありませんでした。ただ、プレゼンの練習としてどんな携帯電話をデザインしたか、という課題はありました。英語を使いながら自分達で好き勝手にデザインした携帯電話を紹介していくのは、当時学生だったこともあるのでしょうが、結構面白かったです。それがとても印象的でした。
“英米語学科の中のビジネス英会話と実際使う英会話について”の続きを読む

オンライン英会話で簡単国内留学

私はオンライン英会話を始めて約半年になります。 以前は英会話を習うとなると高いお金を出して英会話スクールに通うか または半年とか1年海外に留学をして英語を学ぶということが主流だったと思います。 パソコンや インターネットの発達により身近に オンライン英会話というものが出来るようになって私は大変嬉しく思っております。

オンライン英会話のいいところは 手軽に英会話の勉強できるということであります。スマホ 、パソコンから簡単にアクセスをして英会話を勉強することができます。 私のやっているオンライン 英会話ではスカイプを用いています。スカイプは先生の顔が私に見えますし 私の顔も先生が見ることができますので 発音の時、口の動き方などを見ることができ 大変便利だと思います。そしてお互いの表情などもわかります。 テキストなどは オンライン英会話 に 用意されていますので 特に こちらから用意する必要もありません。 “オンライン英会話で簡単国内留学”の続きを読む