当たり前だけど忘れがち。「英会話」は会話です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当たり前だけど忘れがち。「英会話」は会話です

英語圏の国に留学していたときに語学学校に通っていて、色んな国からの生徒がいました。そのとき本当に当に感じたのが、色んなタイプの人がいるけど、日本人は会話が苦手な人が多いなーと。でも、受験勉強とかですごい時間を勉強に費やしている人も多いから、たくさんの人が難しい単語を知っている。そんな言葉知っているならば会話なんて簡単じゃん!と、すごい感じました。

例えばヨーロッパ圏の子達は同じリーディング力やリスニング力でも、圧倒的にスピーキング、(会話)が上手でした。多分彼らは、しゃべってるときは文法とかよりも先に自分の思っていること、考えを伝えたい気持ちのほうが強いのでしょうね。

私が個人的に英語で会話が出来るようになったなーと思ったときは、はっきり言って難しい言葉が会話に出てくると分かりませんでした。でも、少し変な考えですが考えてみたら、どの単語、どの言葉が分からないということが明確にわかっているっていうことだなあって。全然英語が話せなかったときは、英語を話している相手が何を言っているのかも実際わからなかった。笑

結果的に何が言いたいかというと、英会話で話せるようになる始めとして、相手の話しを聞くことがいかに大事かということです。ネイティヴペースにつられて、自分でも理由はわかりませんがいきなり、あれ?話せるじゃんっていう瞬間がみんなにあるはずです。

そして発音の大事さ。日本語訛りで喋ると、わかってもらえないことも多いし、自分で気をつけて発音していると、なんとなくこう発音している理由がわかるようになり、リスニング力もガクンとあがります!

SNSでもご購読できます。