日本人はなぜ英会話ができないのだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人はなぜ英会話ができないのだろう?

私たち日本人の中で、英語を使う外国人と英会話ができるレベルの英語を習得している人は非常に少ないのが現状である。諸外国では、母国語のみならず、第二言語としてでも英語を使える人が多くいる国が多い。なぜ日本人は英会話ができない人が大半なのだろうか?

原因の一つとして私が考えているのは日本人が英語を習得することに対して壁を作っていることが考えられる。もっというと、日本人は英語を含め、多言語そのものに壁を作っているとも言えると思う。

中学校、高校と机に座らせられ、お経のように英語を読んだり、ひたすらに単語や文章を丸暗記させられ、さらには定期的に行われるテストで一定以上の点数を取ることが求められるというのが10代の内に英語に触れる大半のきっかけである。ここで英語に躓いてしまうと英語に対して壁ができてしまうと私は思う。学校教育として英語をやるのならば、せっかくなら英会話ができるぐらいにはしてほしいとの意見もあるだろう。しかし、限られた授業時間で英語を習得するのは厳しいものがあるのが現実である。学校教育やその他の英会話習得の取り組みとして、どのような方向へ持って行ったらいいのだろうか?

やはり、英語に興味がある人を増やす、自発的に英会話に取り組んでもらえるように英語の楽しさ、語学を覚える楽しさを知ってもらう方向へ動いていくべきだと私は思う。やはり、英会話を習得するには、詰め込まれるのではなく、自発的に英会話に取り組んでもらえるような手助けをしていく必要があると私は考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。