大学と家の往復時間はアプリで英語をしたかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は英語をスマホアプリで覚えたことはないのですが、あれって便利なのでしょうか。私は大学生だったころ、完全にスマホを購入するチャンスを逃して、なんとなくそのままガラケーでいました。留学から帰ってきたら電車内が皆スマホ化していて逆カルチャーショックを受けたものです。

今でこそアプリが何なのかわかっているものの、もしそういうことが大学時代にできたなら、片道2時間の時間が有効に使えたのになぁと羨ましく思います。だって、アプリならイヤホンをつけて耳で覚えられるし、目も使うし、タッチ機能があれば手でだって覚えられますよね。普通ならテキストを広げて鉛筆を持って・・・と持つものが多いので、電車内で立って勉強するのは大変難しいことだと思います。

でも、スマホ片手なら苦労しませんね。イヤホンは、電車の音などで少々うるさいのでリスニングの妨げになってしまうかもしれませんが・・・。アプリの何が便利かって、その片手間にできることももちろんですが、単語帳のように作るまでの工程がいらないことですね。

私なんかだと単語帳を作ったことに満足してそれで全く使わないような気がします。また、出てくる順番で単語を覚えてしまったりして、しょっちゅう順番を入れ替えなければなりません。アプリならシャッフル機能だってつけられるでしょうから、そういうのだと大変助かります。なんだかデジタルなものって嫌煙されがちですが、私は使ってもなんら支障はないと思います。

SNSでもご購読できます。